学校園の取組

名古屋市立前津中学校Nagoya City MAEZU Junior High School

中区

マッチングプロジェクト
2021年度~

学校の概要

■所在地
 名古屋市中区大須四丁目8番88号
■URL
 https://www.nagoya-c.ed.jp/school/maezu-j/
■学校規模 ※2021年5月1日現在
 生徒数 149名
 学級数 8クラス
■学校紹介
 2021年で創立74年を迎え、北は広小路通から南は大須通まで広がり、名古屋市の都心部を学区としています。学区には栄・大須の2大商業地域を含み、名古屋城開府以来の由緒ある寺社も多く、生徒は多様な賑わいをもつ環境の中で生活しています。

最新の記録

プロジェクトの概要

実践テーマ

 わくわくする好奇心をベースに、生徒一人ひとりが自分らしさを理解し、自分らしく生きていくための未来につながる体験ができる学びづくり
 互いの存在や違いを認め合い、それぞれが自分らしさを安心して表現できる居場所づくり

主な実践内容

・社会で活躍する大人の人生や価値観に触れたり、企業が社会に生み出す価値を体験的に学びながら生徒自身がテーマ設定と解決方法を模索する探究学習プログラムの導入
・ライフキャリアコンサルタントによるワークショップや個別面談などの実施
・活動室3室のアクティブラーニングルームへの改修など、生徒間交流と多様な学びを生み出す教室環境の整備 等

プロジェクト連携事業者 

  • 株式会社教育と探求社

  • NPO法人ICDS

  • 株式会社オカムラ

校⾧メッセージ

前津中学校

 本校では、「笑顔あふれるTEAM前津 ~自ら考え 自ら学び 自ら行動~」を今年度の重点的なテーマとして学校運営を進めています。特に昨年度からは、生徒の「学び」を「教科学習に限らず、学校・家庭・すべての場面での知識、体験・経験」と捉え、子ども主体の学びの推進に重点を置いて取組を進めるとともに、みんなが楽しく安心して学び・生活できる学校づくりを進めています。
 マッチングプロジェクトでは、企業・民間等のもつノウハウ・スキル・人材などと、様々な面から連携した取組を進めています。特に総合的な学習の時間において、1年生から3年生合同でチームを組み、地域をよりよくするために、地域企業を「リソース」として見渡し、大人も気付いていない可能性を探り、企業等に対して自分たちの思いや発想を発信・提案していく学びを進めます。
 企業や社会についてより深く学ぶとともに、自分との関わりを見つめ直し、自分の生き方について考える機会となることを期待しています。

名古屋市立前津中学校 校長 藤本 一人(ふじもと かずひと)

事業者メッセージ

共同企業体代表 株式会社教育と探求社 役職 氏名(ふりがな)

 本プロジェクトでは、各領域のフロントランナーがタッグを組み、コラボレーションによって、すべての生徒に豊かな学びと、生徒自身が自身の可能性を信じ伸ばす機会を届けます。
 現在名古屋というエリアには、従来の産業構造から脱皮しようとする熱が渦巻いていると感じます。教育においても、従来の画一的な一斉授業から脱却して、生徒の好奇心・主体性から、全ての学びが始まるような生徒主体の学びに変わっていく必要があるーそんな想いに共感した、各領域のフロントランナーが集まりました。
 すべての生徒が「自分らしさ」に気づくことや、将来を切り拓いていくための体験と学びの創出をめざし、ハード(教室)、ソフト(教育プログラム)、ICT、教員支援を通して、前津中学校とともに「次世代の新しい学校の在り方」を創りあげます。

共同企業体代表 株式会社教育と探求社 代表取締役社長 宮地 勘司(みやじ かんじ)